スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
【花粉症対策2017年も】目のかゆみに、鼻水、鼻づまり症状が
早くも2017年も、花粉症の話題、花粉の量という事がテレビで放送されていますね。
我慢できない症状だから、花粉症ってほんと毎年大変で辛いですよね。

鼻が詰まりやすく、すぐ息苦しくなってしまうため点鼻薬は欠かせません。



そんなAさんが、社会人になって数年経った頃のことです。
その年は例年より花粉が強く飛散すると言われていました。

しかし、彼は全く自分には関係ないと思っていました。

鼻炎と花粉症は違う。
周りで花粉症に苦しむ人たちを何人も知っている。

あんなに、ズルズル鼻水を流すことはない。
あんなに、涙目になってあわてることもない。

そんな風に、余裕で普段通り過ごしていたのです。

ところが、事件は起こりました。

「…おかしいな、さっきから鼻の奥がかゆい…!」

いくら鼻をかんでも、点鼻薬を使っても、それはおさまることを知りません。
思い切って指を突っ込んでみましたが、どんどんムズ痒くなっていきます。

「なんなんだ、この嫌な感じは…。今までと全然違う」

そう思った瞬間、膝に何かがポタリと落ちてきたのです。。
そしてそれは、ズボン小さなに染みをつくりました。

ふと顔を上げて鏡を確認すると、自分の鼻から透明な鼻水がたらーり垂れていました。

「粘着度が全くない!まるで水みたいだ…」

全く気付かないうちに、自然にさらさらと鼻から液体が流れてくる光景に、
さすがにショックを受けたAさん。

「これはどういうことだ!」

すぐさま彼は、かかりつけの耳鼻科を受診しました。
すると、医師からついに宣告を受けてしまったのです。

「花粉症が始まりましたね。今年は特に花粉が多いから。」

初めは驚き、とまどったものの、彼はすぐ気を取り直しました。
まあ、少し強めのアレルギーだと思えば我慢できるだろう。
知り合いにも花粉症の人たちはたくさんいるし、なんとかなる。

そう思い、取り立てて何の改善策も行なわないまま1年を過ごしたAさん。

その年はなんとか大した被害もなく乗り越えたのですが・・・
問題はその翌年からでした。

花粉が飛び始めた時期に、再び花粉症を発症したAさんは、
去年よりも症状が重くなっていることに気付きました。

「あり得ない!去年よりも症状が重くなっている…?」

鼻だけでなく目や口の周りまでかゆみを覚え、かきむしりたい衝動にかられます。

くしゃみや鼻水も止まりません。
鼻をかんでもかんでも、またティッシュに手が伸びます。
ムズムズ感とかゆみが幾度となく襲いかかってきて、その度にくしゃみが出てきます。

涙もとまらず、外を歩いていると恥ずかしくて顔を上げられません。
まぶたが腫れ、薄目しか開けられない姿は別人のよう。

くしゃみのし過ぎで鼻の奥がジーンとして、頭も朦朧としてきます。

鼻水はだらだら流れ続け、ふとするとマスクの隙間から流れそうで
気が気ではありません。

これでは、とても仕事なんてできない…!

花粉対策のちょっと値段の高いマスクでガードしても、
花粉用のメガネをかけてみても、結局あまり大差はないようでした。

病院から処方された薬や、花粉症に聞くお茶などいろいろと改善を試みましたが、
症状が和らぐことはありません。

それから毎年、Aさんは酷い花粉症に悩まされることになります。
症状は年々強くなり、花粉が飛ぶ季節は本当に地獄以上の苦しみを感じるのです。

なんとかしたくても、薬をはじめどんな改善策でも治らない。
一体どうすればよいのでしょうか…?

目のかゆみ、鼻水、鼻づまり

もう、2017年こそ

花粉症とさよならしませんか??

花粉症にもう悩まなくていいなんて!花粉症改善プログラム「花粉バスター」

やっぱり、毎年の恒例になってしまって

花粉症が、鼻づまり、鼻水などなど


目の痒みも耐えるのつらいですからね。

テーマ:健康 - ジャンル:心と身体

[2017/02/01 08:13] | 花粉対策 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。