スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
【花粉症対策は?】2017年も症状軽減にマスクに薬に頼りますか?
鼻だけでなく目や口の周りまでかゆみが・・・
花粉症の症状ですよね??

花粉対策のちょっと値段の高いマスクでガードしても、
花粉用のメガネをかけてみても、結局あまり大差はないようでした。

病院から処方された薬や、花粉症に聞くお茶などいろいろと改善を試みましたが、
症状が和らぐことはありません。

それから毎年、Aさんは酷い花粉症に悩まされることになります。
症状は年々強くなり、花粉が飛ぶ季節は本当に地獄以上の苦しみを感じるのです。

なんとかしたくても、薬をはじめどんな改善策でも治らない。
一体どうすればよいのでしょうか…?

花粉に反応する物質が体内で大量につくられると、
目や鼻の粘膜に働きかけ、花粉を撃退しようと過剰に涙や鼻水を放出します。

その物質がどの程度大量につくられると花粉に反応しやすくなるか…
それは、誰にもわからないリミットなのです。

ジャンクフードが日常的なメニューとして取り入れられる今、
食生活の変化も現代の私たちの身体を花粉に敏感にしていると考えられています。

ストレスや不規則な生活も、花粉症に起因していないとも言えません。

まさに今を生きる我々の誰もがなりうる、国民病と言っていいでしょう。

原因に関しては多くの情報番組、雑誌、新聞でも特集を組まれ、大きく取り上げられていますが、
いずれもそれぞれの原因に対する有効な解決策は見いだせていないようです。

花粉が飛ぶ春と秋。
企業がティッシュではなくマスクをくばっている場面も、珍しくはなくなってきました。

ドラッグストアには多種多様な花粉症対策グッズが並び、大量購入者も後を絶ちません。

鼻うがいをしてみたり、メガネの上にメガネをかけたり。
皆涙ぐましい努力をして、少しでも症状を和らげようと耐えています。

しかし、残念なお知らせとして、2017年の花粉飛散予測が発表されました。
環境省によりますと、全国の花粉飛散数は平年よりもかなり多くなる見込みだそうです。
テレビでも早くも、花粉について、平年より多いとか??

花粉症の方にとっては、本当に辛い年になる可能性があります。
新しく花粉症になる方も一気に増え、その数は2~3倍に膨れ上がると
予想されています。

これまでと同じ方法で、はたして私たちは花粉症の脅威に耐えられるのでしょうか。

確かに花粉症は改善が難しい、厄介な症状です。
しかし、決して治せないということではありません。

自分の症状を見極め、最も効果的な方法を行なえば、改善していきます。
「どうせ治ることはないんだ…」と諦めてしまい、
効果的な改善策を取らないことこそが、ますます症状を悪化させてしまうのです。

まずは諦めないこと。
現状に屈せずに、絶対に治すんだという気持ちを忘れなければ、
症状を改善させることは可能なのです。

花粉症にもう悩まなくていいなんて!花粉症改善プログラム「花粉バスター」

テーマ:健康 - ジャンル:心と身体

[2017/02/03 03:22] | 花粉対策 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。